その場所大丈夫? 狩猟ができない場所とは@2016年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パワポで記事を書きためている間に、
気づけば年を越してました。
お目出度うございます。
 ※この記事は2017年1月1日に書いています。

さて、

改めて説明することでも無いと思いますが、
 
 

確認の意味も込めて、
猟期の話を先にします。

 

<スポンサーリンク>

 

 

狩猟期間は、

11月15日~翌年2月15日まで。

但し、奈良県ではイノシシ・ニホンジカに限り

3月15日まで可能です。

余談ですが、
和歌山の場合イノシシ・ニホンジカは、

11月1日~翌年3月15日までです。

 

<スポンサーリンク>

次は、狩猟禁止場所です。

狩猟免許試験でも勉強した通り、下記での狩猟が禁止されています。

①鳥獣保護区
②休猟区(奈良県にはありません)
③公道(農道・林道を含む)
④区域が明示された都市公園等(人が集まる場所)
⑤寺社境内、墓地(神聖さや尊厳を保持すべき場所)
⑥自然公園特別保護地区・原生自然環境保全地域
 

※弾丸が公道の上を通過する場合や、

罠にかかった獲物が公道にはみ出す場合等も公道での狩猟と見なされます。

さて、ここでアレ?

って思った方は勘が良い人です。

③と⑤番って、

結構曖昧な部分があると思いません?

まず③を解説しますが、

公道の定義・解釈は、

法的に認められた公衆の道-三省堂webdictionary

広義においては公共一般に広く供されている道路のことを指す。

狭義においては国や地方公共団体(都道府県、市町村や特別区)が指定・建設・管理する道路のこと。-Wikipedia公道

つまり、行政機関によって指定・管理された道路であるか、

公共(不特定多数)の利用に供されている状態にあることだと解釈できます。

ということは、
私道・私有地ならば別段咎められはしないということですね。

只、私道であっても相当の往来があり、

不特定多数の者が通行の利益を享受している場合は、

公道であるとみなされる可能性があります。

所有が個人であっても、行政が管理・指定されている場合もしかりですね。

結局、ややこしそうな道路の上とか、道をまたぐような所では狩猟しない方が賢明です。

<スポンサーリンク>


さて、では“農道・林道”のケースではどうでしょうか?

農道の定義・解釈は、

日本の農村地域において農業の用に供するために設けられた道路の総称である。

一般には、「土地改良法」第2条に基づく農業用道路のことを指す。-Wikipedia農道

このように書かれています。

上記のように説明がありましたが、
正直農道と非農道の判別は標識等がなければ分からないと思います。

標識が設置されている場所では、

緑色の一般農道と書かれている看板があります。

 
 
 

最近開通された奈良の農道(奈良東部広域農道2016年8月28日開通)では、標識がありません。

また、細い農道ではそれが農道であるかどうかも見分けがつきませんね。

いずれにしても、
公共一般に広く供されている道路であれば、
農道であろうが公道とみられることもあるわけです。

公道であれば、猟規制の対象になりますね。

次に、林道の定義・解釈

狭義では、森林法の規定に基づいて設置されるもの。
広義では、林の中に通る道を、すべて林道と呼ぶ。-Wikipedia林道

木材を主とする林産物を搬出したり、
林業経営に必要な資材を運搬するため森林内に開設された道路の総称。

広義では森林鉄道、索道、流走路、牛馬道、木馬道も含まれるが、
現在では自動車道、軽車道を指し、一般には自動車道を指すことが多い。-森林林業・木材辞典

このように書かれています。

林道の特徴としては3つあり、

 

①林道には、入り口に看板やゲート等を設け、
 一般車は通行できないようにされていることがあります。
 
②林道には、林道起点・終点・中間点を知らせる林道案内標識が設置されており、
 案内標識には、林道名や林道の幅、安全に走行できる最大の速度や、走行上の注意事項などが記載されている。
 ※但し、広義の意味での林道には、林道であることを示す看板が設置されていないと思われる。
③林道には、自動車道と軽車道があり、自動車道は1級から3級に区分されている。
 
長々と、公道・林道・農道について法律の視点から説明をしてきましたが、
 
結局の所、

道の上・道の近くでの狩猟を避けなければなりません。

そもそも法律云々の前マナー・モラルがあり、
人に迷惑をかけないことが狩猟の大前提ではないでしょうか。

 

<スポンサーリンク>

次に、⑤の説明です。

奈良県に問い合わせてみたところ、

ここからここまでといった明確な線引きはないようです。

従って、寺社・仏閣の所有者に、この山はうちの山で境内です!!

と言い切られてしまうと狩猟は諦めるほかありません。

ただ、三輪山の様に明確に区分されているところもあります。

もし可能ならば、寺社仏閣を管理されている方に聞いた方が良いと思います。

色々散々説明してきましたが、

私もチョロっと調べただけですので、
完全に正しいとは限りません。

詳しく知りたい方は、
県や市や自治会等に問い合わせた方が良いとお思います。

ただ、その回答が正しいかどうかは疑問が残る場合もありますが。

今回は、全体的な狩猟禁止場所を説明しましたが、

次は、銃の規制についてお話しします



<参考URL>


公道 – Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E9%81%93

三省堂 Web Dictionary
http://www.sanseido.net/User/Dic/Index.aspx?TWords=%e5%85%ac%e9%81%93&st=0&DORDER=&DailyJJ=checkbox&DailyEJ=checkbox&DailyJE=checkbox

公道とは?公道の具体例と私道との違いをまとめてみました
http://reatips.info/koudou/

農道・林道とは?曖昧な定義の曖昧な使われ方をする単語を調べてみた
http://reatips.info/noudou/

三重県|森林を育てる:林道の特徴
http://www.pref.mie.lg.jp/TNORIN/HP/36864031547.htm

三重県|農山漁村振興:三重県の農道
http://www.pref.mie.lg.jp/MURAS/HP/37105025358.htm

林道とは? | 秋田県公式ウェブサイト 美の国あきたネット
http://pref.akita.lg.jp/www/contents/1135735669465/index.html

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA