是非来年も!? 効率的捕獲技術導入推進事業研修会@2016年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回狩猟における安全技術向上研修に参加した際に、

奈良県職員の方が研修会のお知らせをされていたので、

御厚意で参加させてもらいました。

 

<スポンサーリンク>

 


【研修会の目的】
ニホンジカを対象としたくくり罠の、捕獲効率の向上を目指す


【開催日】

2016年12月15日(木) 10:30~16:00

【会場】
安全技術向上研修の会場にもなった
たかぎふるさと館

 

研修と関係は無いけど、

車で10分程走った所に美味しい御幣餅の販売所があります。

 


【研修対象者】

市・県鳥獣行政担当者
各市町村においてわな猟免許を取得して5年未満の者で市町村長が推薦する者

【講師】
自然環境研究センター職員


【全体の流れ】

午前:猪の生態と被害対策について。
午後:鹿の生態と被害対策について。くくり罠の効率的捕獲技術について。質疑応答。

 

<スポンサーリンク>


【感想】

この研修は非常に勉強になる部分が多く
今後猟をする上で参考になりました。

ぶっちゃけた話、
研修を通してあんまり相手(鹿とか猪)のことを知らずに猟に出かけていたんだなぁと痛感しましたよ…

座学が中心ですが、

イノシシ・シカの生態や、身体能力
食性行動・習慣生息状況防衛策の知識学ぶことが出来ます

実技では様々な罠に実際に触れることができ
罠づくりの参考になります

標識ですが、この文字の大きさで1cmです。
1文字がだいぶ大きいことが分かります。
これは印刷した物をラミネートして作ってあります。

これは獲物がかかったことを
自動的にお知らせしてくれる便利な機械です。

 また実技で罠の仮設をしますので、
仕掛けたことの無い方には良い経験です。

 

なんか宣伝臭くなりますが、
最後に私の胸がときめいた罠を紹介します。

オリモ製作販売(株)さんの

OM-42型 OM-30型 です。

この罠何が良いかというと、

私が作った塩ビ縦式の罠の場合は、

穴を結構深くまで掘らなければならず

設置効率が悪く、仕掛け直しも骨が折れます。

一方オリモ式罠は、

深く掘らなくても埋設できます。

またワイヤーが跳ね上がるので、上の方で足を括ることができます。

持ち運びも下の写真の様にできるので楽々です。

安全性も私が作った謎罠よりはしっかりしてると思います。

ただ、OM42に関しては空弾きも起きているらしいです。

 

以上で研修の様子は終わりです。
もし可能ならこの手の研修を、
9月の免許取得後から11月の解禁日までに開催してもらえると免許取り立ての新米猟師としては助かるんですがねぇ。
 

次はくくり罠を一から作成したり、

実際に山でのフィールドワークとか期待してますw

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA