狩猟日誌第37輪  クイズ!? この足跡、何の動物だ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎度! 
絶賛売り出し中なのに、非売品! 山をです。

ふぅ。
膨大な量の説明文を書いたので疲れました

まぁ、
あれが何かの足しにでもなれば幸いです。

あぁ、そうそう。

解体方法って結構色々あるんですよ。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

例えば、
表面の毛落とす為に、熱湯をかける方法とか。

ひとりで『解体』できるもん!(孤独のジビエ)
http://kodokunogibier.blog.fc2.com/blog-entry-346.html

イノシシの捌き方(皮剥き〜) | くくり罠専門のオーエスピー商会
http://www.osptrap.co.jp/disassemble/index.html

でも、
あんまりこっちの方では聞かない気もするんですよねぇ。

・・・。
あぁ、そうか。
作業スペースが無いからか。

もし湯剥きを、
台所でやろうもんなら、
絶対に事後処理が大変になるわ。

んーー 
でやるにしても熱湯の運搬とか大変そうなんだよなぁ。

ただ、衛生面で考えると”湯剥き”するのが賢いのかもしれませんね。

というのも、
剥いでる途中で、ダニ数回遭遇していますからね。

あぁあと、
残っている状態解体すると少なからずゴミが付きます
砂であったり、泥であったり。

と考えると、
初めの段階で汚い部分を全部処分してしまう方が賢明ですね。

うん??
何でそれをしなかったのかって???

あぁ、
標本に。
香川に、じゃなくて毛皮にするからです

いやぁ。
やっぱり初物は大切にしたいですからね。

ですんで、
次の猪からは頭蓋骨も毛皮も取らず
をアクセサリーにする程度で留めておこうと思っています。

獲れたらだけどね!

獲れたらだけどね!!

大事なので繰り返しました。

 

うん…
で、他にも何かあったような気もするけど忘れちゃったよ。
思い出したらまたどこかで紹介しようか。

 

さて、
コロっと話題を変えてっと・・・。

 

今回の糠玉は、贅沢にも水煮筍入りです。
ええ、中国産のお安い奴ですが。

国産の筍だと2倍ぐらい値段違うよね。

・・・
狩猟の序でに掘る??

というのをやると洒落にならないので、
掘ったりはしませんけどね。

山菜や、山主(地主)さんの所有物になるので、
勝手に採取してはいけません

犯罪です犯罪。

特に、猟師は信頼が命ですからね。
疑われたり、信頼を無くすようなことをすると後々に響きます。

と偉そうなことを申していますが、
山をは、山持ちの知り合いが遠方にいるので
土筆ゼンマイワラビ、には事欠きませんがね。

あ、完全に余談ですが、
固定資産税ってクッソ安いらしいですね。
別の知り合いの所は、千円おつりが来るとか言ってたよ。

かぁ…
ワカメの煮物と、
炊き込みご飯なんか最高の組み合わせですよね。
それに、焼きたての厚揚げなんかがあるとなお良しですな。

そして日本酒
それも奈良の地酒

大手メーカーさんの日本酒は、日本酒じゃないからね。
いや。マジで。

あれは日本酒っぽい何かだわ。
例え純米酒であっても、すっごいペラッペラ。

地酒が油絵なら、
大手のはコピー用紙に印刷されたものみたい。

でも、だからといって大手メーカーの酒を
飲まないというわけではないのですよ。

何でも使い分けですよ。
使い分け。

花見の頃
ベンチに腰を降ろしてワンカップ酒を片手愛でるのも、
また趣があっていいもんです。

これがもし、獺祭みたいに高い酒だと酒に気を取られて
花がおろそかになっちまうからね。

後、ひれ酒をするなら、上物の酒より普通の酒が良い。
良い酒を使って良いひれ酒を作る気概があるなら止めはしないけど、
素人が飲む分には、多少乱暴なくらいで丁度良いと思うよ。

おっと、
食べ物のことになると、
ツイツイ話が逸れるな。

え~~っと。
で、コチラ糠団子です

えぇ、ゴールデン○ールみたいに見えるでしょ?
作ってて思いましたもん。

いや、別に似せたわけではないよ。

タマタマ、タマタマ。

フフ・・・。

さて、下ネタはさておいて
罠の見回りにでも行きましょうかね。

<スポンサーリンク>

 

それでは気張ってえええ
本編スタート!!!

こちらは2017年2月25日の罠の様子です。

【罠1つ目”1個”】

撒き餌食べても罠にはかからないか…。

本当に狙った位置を通らすのって至難の業ですよね。

おっ!!
久しぶりのウンピーですね。

このコロコロした奴は ウサギかな?
体の大きさと糞便の量って関連するから、
それ程大きな動物では無いと思います。

まぁ、でも
餌場に落とし物はやめて欲しいけどね。

さて、
期待を込めて糠玉設置です。

2頭目獲れるとしたら、
間違いなくこの場所でしょうね。

 

今回は新しい場所を開拓するために、
沢を登ることにしました。

沢岸では色々な動物息吹を感じることができます。

特に、泥場色々な足跡が残るので見ていて楽しいです。

この足跡は… イタチでしょうか

仮にコレがの場合だと、もっと人間っぽい物になります。

なら、先っぽが尖っていそうですし、

アライグマってもっと紅葉みたいな感じだったような気も。

コチラでしょうね。

この感じは…

多分鼬鼠か??

【罠2つ目”1個”】

沢を登ったところに良い通り道見つけました

これこそ獣道って感じですね。

早速仕掛けます

前回、
獲れたのであんまり多くの罠はしかけていません
どうせ獲れても持て余すことになるのは、目に見えています。

まぁ、今後は前みたいに罠を増やしていく予定です。

見回りは以上で終わりです。

そしてコチラが待望の猪肉です。

チャチャっと捌いただけでも、
1.5kgはあります。

パパっと焼いてみました

分厚く切ったせいか、結構堅いです。
肉の味がしっかりしているので割と美味しいです。

例えるなら、
鯨と豚の間ぐらいの感じでしょうか?

多分猪肉焼くよりも
とか、土手焼きの方が美味しくいただけると思います。

次回の見回りと更新は、
2月27日を予定しています。

ではノシノシ

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA