狩猟日誌第36輪  人間、本気でテンパると動けなくなる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎度! 
新人猟師(仮) 山をです。

毎回余計な話をするのもアレなんで、
たまにはスンナリ本編にでも入ろうと思います。

本編スタート…..

 

 

<スポンサーリンク>

 

 


それでは、2017年2月24日の罠の様子です。

今回は糠玉を用意していません。

【罠1つ目(前回の3つ目)”1個”】
あれだけ糠玉を設置したのにもかかわらず
全然罠にかかってくれません

んー、ぶっちゃけ
他のどの場所よりも、良い場所だと思うんだけどなぁ。

まぁ、獲れるかどうかは山の神様次第ということで。

 

 

【罠2つ目“1個”】
なんかすっげぇボッコボコ!!

足跡が、素通りではなく、
なんか、グッと力を入れたような感じです。

うわ~ マジか。
罠が起動してる!!

空弾きです。

恐らく起動したものの、
締まり方が良くなかったのでしょう。

にしても、、、
なんか、いつも以上に変だ。

罠の近くも、手形が付くくらいフッカフカになってるし、

3箇所程クレーターか!!
ってツッコミたくなるくらい穴掘られてる

 

<スポンサーリンク>

・・・・・。

なんか、妙にこする音が聞こえる

うん? 

なんかうごいt、、
おわあああああああああああ

猪かかってる!!!!!!

ちょ、、、、

まじかあああああああ!!

とりあえず ナイフ!! 

ない! ない! ない!

ナイフどこだ!!!

あった!!!!

どうする!! 

どうする!! 

どうする!!!

どうやって仕留める!?

えーっと…

 えーっと… 

      えーっと…

ヤバイ。。。 

頭ん中真っ白だ。。。

こ、講習でやったのは、
動きを止めてから、胸元辺り槍を突き刺して・・・

ない。ない。ない。
槍が無い!!

どうする、どうするよ!!

 

動き。

動きを。。。

暴れてる!! 

超暴れてる!!!

ああああああああ! 
トリアエズ。
木の棒で頭殴って、気絶した状態で仕留めよう。

ゴス! ゴスゴス!!

やべぇ。 

何にもなんねぇ。

むしろさっきよりも暴れてんじゃん。。。

こうなったら、腹括って、

木の棒顔押さえつけて

注意が逸れたところで、ナイフを入れてやる!!

エイヤッッッ!!!

 

ハァ ハァ ハァ ハァ

獲ったどおおおおおおおおおおおおおお!!

きたああああああああ!!!

このまま一匹も獲れずに、
猟期終了を迎えると正直思ってたけど、

 

しゃぁああああ!!

皆獲れねぇと思ってただろおおお。

へっ!! 
やってやったぜ。

ふぅ。 
興奮も一段落したので、
止め差しした沢の水で冷やします

本当はこの段階で腸とか抜くのがベストなのでしょうが、
そんな余裕はどこにも御座いません。

なお、
ワイヤーが括られた方の足は、残念ながら折れていました。
もし、足が切れて、ワイヤーから抜けられていたらぞっとしますね。

戦場跡です。

猪が十分固定されておらず、
血みどろのまま暴れられると、ものすごく返り血がかかります。
注意しましょう。

ところで、
暴れたときに、ナイフの取り扱いをミスりまして、
右腕にナイフの先が刺さりました。

幸い、太い血管に刺さらなかったので、
大事には至りませんでした。

皆も刃物の取り扱いには注意しましょう。

因みに、怪我をしたときのために、
消毒液テーピングを常にリュックに忍ばせてあります

応急処置完了

本当は、
切り傷の場合水洗いしてワセリン塗ると治りが早いんですがね。
まぁ、自宅に帰ってからにします。

で、猪を冷やしている間に後片付けです。

これが、
捕らえてくれた自作のくくり罠です。


土台部分は自作ですが、括りワイヤーOSP商会のA式トラップの物を転用しています。

※尚、OSPワイヤーを使用したのは、括りワイヤーが足りなかった為で、別に深い意味はありません。

このOSPワイヤー、まっすぐ輪を締めるためか芯棒が入っていますが、

猪の力すさまじく芯棒が折れ曲がってしまっています

・・・。
本当はやめた方が良いのでしょうが、バネの部分が生きているので、
部分取りして再利用に回したいと思います。

余談ですが
このワイヤーはとてつもなくキツク
誤って指が絞まった時昇天しそうになりました

※罠の取り扱いは十分注意しましょう。

この場所には、他にも罠を設置してあるので、
それらを回収しておきます

・・・・。

ゲッ!!!

埋設処理が悪かったみたいで、
輪がまともに絞まっていません。

んー 
どうやら、深く掘りすぎたようですね。

深く、狭く、掘るよりも
浅く、広く、掘る方が罠が安定してくれるようですね。

 

【罠3つ目(新設)“1個”】
罠が余ってしまったので、
猪がかかったところの近くに設置しておきます。

さて、撤退準備と罠の設置で、
十分猪が冷えてくれた(?)ようです。

では、猪を車に積んでお持ち帰りしましょうか。。。

という感じで今回の見回りは終了です。

この続きの解体も書こうかなと考えたのですが、
如何せん長すぎるので次回に回します

次回の見回りは、
2月26日を予定しています。

ではノシノシ

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA