狩猟日誌第29輪 大惨事、そして失踪εε=┌(;;@×@)┘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

馬○の相手している自分同じく馬○である。

 

あ~あ。

最近嫌なこと9.5、楽しいこと0.5になってる。

 

毎度!

不思議と生きてる 山をです。

 

はい… え~

前回の大惨事事件以降、軽く失踪してました。

<スポンサーリンク>

 

 

長期間失踪すると、Blogger先生に広告を貼られ・・・

いや、ここのサービスはそんな嫌がらせしてこないな。

 

茶番は、
右斜め後ろのお年寄りの鞄の中に置いといてっと。。。

 

 

さてさて、

時系列が前後するので混乱するかもしれませんが、
改良した新型罠(元ポンコツ)を見回りの序でに設置しに行きました。

 

 

せっかちな皆さんの事ですから、
改良した罠を早く見たがると思います。

 

 

そうは問屋が卸さねぇぜ!!

 

 

というか、Googleアナリティクスの動作を見てると、
皆さん罠作りのページしか見てませんけどね!!

アクセス数本編(狩猟日誌)1:罠(くくり罠の作り方シリーズ)9の比率になってるし…

 

 

まぁ、仕方なんですよ。

本編イマイチ盛り上がりに欠けるし。

 

でも嫌でしょう?

本編盛り上げるための、川○探検隊みたいな演出は。

 

くくり罠に、生の豚バラブロックが掛かっていたら、
みんなもリアクション取りづらいでしょうが。

 

ま、私は爆笑しますけどね!!

 

 

一応ここは、そういうおふざけなものではなく

初心者ハンターの狩猟をサポートする為の、
狩猟情報提供型ブログを目指して邁進している
わけです。

※全ての情報が正しいとは限りません。

 

そもそも狩猟の世界は#$&%`+*?¥….

 

<閑話休題>

 

はい。

で、今回は最新作の罠の設置と,

罠の見回りについて更新します。

 

下の写真でも出てきますが、
ポンコツ罠の修正版は良い感じに仕上がっています。

数度仕掛けては発動を繰り返していますが、
特にへたったりする感じは今のところ有りません

 

動作自体も軽やかで、
市販の物にやや劣る位のできだと思います。

ただ、土中に埋めると、
完全に思い描いた感じの動作では無いのがやや引っかかります。

 

<スポンサーリンク>

ふぅ。

段々と心の傷も癒えてきたので

見回りに行きましょうか。

 

 

【罠1つ目】

ボッコボコにしてやんよ≡3

 

見ての通り、激しく往来があります。

ただ、通って欲しいのは股木のある正面なんですがね。

 

開けた場所に設置すると、
この様に通り抜けてしまわれることが多々あるので、

誘引餌(撒き餌)を囲むように
数個設置するのが良い
と思います。

 

で、これが新型罠の作動テストです

見ての通り、正しく括ることができています。

 

今回、OSP商会さんが販売している罠のワイヤー部分と、
自分が作った土台を組み合わせて設置しています。

今迄の空弾きの原因は、
バネが弱くて正しくワイヤーが絞まらないことにあると分析しました。

この問題は、
次にアップする罠のページ詳しく解説しています。

 

・・・実は、
作動テスト中にうっかり誤発させてしまい、
危うく指がちぎれるところでした。

 

遠のく意識の中で、三途の川の向こう岸からお爺ちゃんが手招き、、、

ん? あれ? そういえじいちゃん生きてたわ。

ゴメンゴメン。

 

設置の際は注意しましょう。

 

糠を撒いて、再設置完了です。

 

 

前回の罠よりも地面を掘らなくて良い分、
作業速度が上がりました

あんまり周辺を荒らさないというのが良いですよね。

 

 

【罠2つ目】

 

 

糠はパクパクされています。

蹄のサイズから判断するに、それ程大きくは無いようです。

多分1~2年目位では無いでしょうか?

 

個体にも寄りますが、3年目になるとかなり大きくなるようです。

ま、木のように正確に判別できませんが。

 

ん、そういえば、

蹄を薄くスライスして電子顕微鏡で見ると、細胞が年輪のように成長しているとかいないとか、どこかで耳に挟んだような。

あんまり興味ないことは覚えないので….

 



【罠3つ目】

ポゥ!!

 

この光景見慣れましたね。

 

この写真からも分るように、
絞まるところがゆるゆるです。

 

そりゃぁそうです。

直径12cmを締めるために、
バネの長さを50cmにしてあります。

新型罠を正しく締めるには、
全然バネの長さが足りません。

正しく締めようと思うと、
1mは欲しいです。

 

 

【罠4つ目】

 

餌は無くなってる?

けど、手堅い反応はありませんね。

新型罠が量産でき次第場所を変えるかもしれません。

 



【番外編】

森の中で白くなった枝を見つけました、

 

表皮をめくってみると樹木らしい茶色になりましたので、
表面に泥が付着していたみたいです。

ほんとに??

こういう事をするのは猪君くらいのもんですね。

 

鹿の場合は、立木に残った角跡が目印になるようです。

 

 

新しい浴場もとい、
ヌタ場が形成されています。

この辺りは粘土質なので、掘り返すと地面の色が変わって一目瞭然です。

 

 

あからさまなけもの道です。

まだ新しそうなので、
新罠を今後設置していく方向で検討します。

新罠仕掛けるところを選ばないのが強みです。

 

 

さて、今回はこの辺でノシノシ

次回更新は、2月10日を予定していますが、雪の為どうなるか分りません。

 

その前に罠の作り方を更新しとかないと…。

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA