狩猟日誌第21輪 くくり罠猟師ヤマヲの憂鬱 全12刊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パヤパヤ~。
何故か左膝だけが痛い 山をです。
 
多分スクワットのせいでしょうね!
ダイエット企画の。

Q.獣道って具体的にどんな感じですか?
  見たら獣道だってすぐに判別できる程度のものですか?
  って質問が来たのでお答えします。

 

<スポンサーリンク>

 
 
 

A.獣道の具体例はこんな感じです。
 
 
不自然に草がなぎ倒されていたり
妙な空間が空いている所が獣道です。
獣道は大通りから、小さな通りまで様々です。
罠を設置するときは、狭い道の方が罠をより踏ませやすいと思います。
 
 
第20回目でも予告しましたが、
今回の誘引餌は、ふなっ…腐りかけの梨です。

腐乱シー!!

 

次回は糠が大量に手に入ったので、暫定チャンピオンの米糠を使ってみます。
ネタバレチックになるので多くは語りませんが、
林檎の食いつきがすごぶる良好です。
甘い果物系が好きなのは、人も動物も共通ですね。
そういえば、豚を土中のトリュフ探しに使うんでしたっけ?
それだけ嗅覚が良ければ、甘い香りはたまらんだろうなぁ。
※ただ、猪が100%平らげてると言い切りにくいのが辛いところです。
 
 
 
まことしやかに言われていますが、
猪の好み周辺の環境によって形成されるらしいです。
例えば水田の近くに生息している猪なら、米が好き。
果樹園があるところなら、果物が好きみたいな。

実際妥当な話で、人間の好みも普段食べているものから構成されますからねぇ。

・・・。
じゃが○こが好きな猪は….。

 
 
はい次の話題、次の話題。

誘引餌食いつきランキングですが、
林檎米糠酒粕薩摩芋バナナ人参の順番です。

人参すっげぇ人気ないっす。

未だに残ってますからね・・・。

こうなったら人参を拾ってく…..喰わな~~い。

ええっと何の話でしたっけ?

 

<スポンサーリンク>

うん…。
罠の見回りしましょうか。

【罠1つ目】
林檎が跡形も無く消失しています。
その割に猪の足跡が非常に遠いんですよね~。
モンハンのドスファ○ゴ位の大きさなら遠方からの食事も可能ですが、まさかそんなに大きくはないだろうさ。
梨をドロップして経過観察開始。

あんまり跨木の近くに餌を置くと、跨木をぶっ飛ばして食事し
だすので、罠の上に跨木が被る場合があります。

 
 
 
【罠2つ目】
おぅふ。
 
写真では分かりにくいですが、イノシシが踏み板の2cm程横を通過しています。
ここ最近で一番のニアミスですね。

林檎もモシャモシャされています。

足のサイズから判別すると、ここ最近生まれた子供ではないでしょうか?

罠メンテして様子見です。

 
 
もしかして次回当たりくるかもしれないね。
ん、ん、ん、ん。 

子供かぁ・・・。 

喰っちゃうの?俺。

【罠3つ目】

 
林檎置いてた? 
あ、置いてたの? 

そう…。

林檎の形跡がなさ過ぎて置いたか忘れるわ。

ただねぇ、足跡が無いんだよねぇ。

もしかして雨で溶けた?

ま、可能性があるとすれば鳥だろうなぁ。

あれ? スズメとかの野鳥ってコレ系食べたっけ?

鳥に関する知識は入れてないのであやふやです。

【罠4つ目】
げぇぇ。

 
 
多分、ラップが破けて陥没したのだと思います。
ラップ貼りすぎると、踏んだときに破れないかもしれないですからねぇ。

と思ったけど、大人のイノシシの平均体重が60キロと仮定すると、その半分としても30キロか。

ということは、約7Kgの圧力が掛かるんだからラップは余裕で破けますね。

杞憂でした。

あれ? 
中央の切れ目って意味があるのか? 

ん???

今回はこの辺で。

また次回ノシ。

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA