【注目!?】 最新 平面式 くくり罠 山をBLACK の作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

毎度! 
開発大好き 山をです。

いや~ ゴメンゴメン
すっかり遅くなっちゃったね。

あ、そうそう、
前回も最後の方で告知したけど、
頭蓋骨の標本は、今度やります。

あんまり内容も無いので、
サクッとしています。

ようやく目処が付いたので、
噂のアレの作り方を公開していこうか。

アレって何だっけ?

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

それはこれだ!

最新型 平面式くくり罠!!!

山をBLACK

…。
どうしよう。
広げすぎた風呂敷の畳み方が分んないや。

はい、えーっと。
試行錯誤を重ねて、ようやくたどり着いた
山をBLACKの作り方を紹介していきます。

まぁ、作り方といっても、
回を重ねる毎に簡略化されていますので、
むしろ簡単に楽になった気がします。
※但し、猪が獲れるとは言っていない。

で!!
この罠の最大の特徴は、
兎に角、軽い! 
更に、動作が速い!
そして、誤作動が少ない!

逆に欠点は、
耐久力がやや劣る
設置方法が悪いと発動しない

 従って、安定を望むなら
”捕獲実績のある”
【山を式平面罠】の方が良いかもしれない。

 

では、気合いを入れて
Let’s DIY!!!

…あれ?昔もこんな感じでやってたっけか?
まぁ、いいや。
知らんぷりしとこう。

 

<スポンサーリンク>

<山をBLACKの作り方>

【1.使用する材料と道具】

まずはコレ!

アサヒペン パワーテープ シルバー 48mm×25m

ホームセンター等で売っている、
ダクトとかを修理するテープです。

水に強く耐久性もあります。
またポリエステルメッシュ(網)が組み込まれているので強力です。

 

 

お次は毎度お馴染みのコレ!

PHVP(耐衝撃性硬質ポリ塩化ビニル管)

 

くくりワイヤーを引っかける部分に使用します。

 

ほんで、塩ビを切るときはコレ!

パイプソー

 

塩ビをカットしたり、縦割りするときに使います。

 

 

 

次は、有っても無くても良いけど有った方が良いコレ!

新興製作所 変速ジグソー SJS-400

別に手切りでも良いんだけど、量を切るなら必須アイテム。
ま、切る音はうるさいんだけどね。

・・・。紹介しといてアレなんだけど、
正直結構ちゃっちい

※本格的に作業をするなら、良い奴を買いましょう。

そして、忘れちゃいけないのがコチラ!

3.1×16mmの超低頭木ねじ。

あんまりサイズが大きくなると
塩ビの所に収まらなくなるので注意。

あ、低頭じゃないと
ワイヤーに引っかかっちゃうので気をつけてね。

そして最後はコレ!
コレが無くちゃぁ始まらない。

木の板(SPF)の2×4

まぁ、別にこの板に限らないので、
お気に入りの木材があればそちらを使ってください

厚みの薄い桐とか、
合板系は割れたり崩れたりするのでお勧めしません。


以上5点が今回の制作の要です。

【2.具体的な作り方】

1.まず木の板を、作りたい大きさにカットします。
 ※ジグソーか丸鋸でカットすると楽です。

今回は約15cmに合せています。

そして、
カットした板を更に3cm間隔5等分します。
※もっと細かくしても良いし、大きくしても良いです。

するとこんな感じになります。

2.カットした木材に、パワーテープ貼っていきます

長さは、板材の両端の裏側の端くらいまでくるのが良いかも。
こんな感じで。

で、2本目からは、
テープ1/3位が重なるように巻いていきます

2本目以降も同様です。


 

横一列が巻き終わるとこの様になります。

どうです?
立派に黒光りしてきたでしょう??

ただ、これだと耐久性に問題があるので、
次はにも巻いていきます

縦に全部巻き終わるとこの様になります。

そして、縦横に巻き終わる下地は完成です。

かなりしなやかに動きます

3.ワイヤー止めを作るために、塩ビを加工します。

まず塩ビ30cmの長さにカットします。
※作りたい大きさに合わせて長さを変更してください。

この時使ったのは、パイプソーです。

30cmカットした塩ビを、縦に真っ二つにします。

縦割りした塩ビを、熱湯につけて柔らかくし曲げます

大体1分程漬けるとクニャクニャになります。
水で冷やせば再び堅くなるので心配無用です。

もし曲げた塩ビの角がキツイなら、
角角を落として行きましょう。

角をそのまま放置してると、
稀にワイヤーの動作を邪魔することがあります。

角を落とせたら木ねじで固定していきます。
大体2個も止めれば十分です。

反対側も同じく固定します。

出来上がるとこんな感じになります。

見た目も綺麗ですね。


特徴の所でも取り上げましたが、

塩ビ縦式に比べてかなり軽いです。

重量はわずか100gしか有りません。

10個積み込んでも約1kgです。

実際にワイヤーを掛けてみるとこの様になります。

結構、さまになってるでしょ?

で、コチラが実際の動きです。

どう? どう? どう?

かなり滑らか活、締まりが早いですね。

板板が独立しているので、
沈む時のスピード飛躍的に上がっています

蝶番付きの罠だと、踏む角度が悪い作動しませんが、
山をBLACKは変な位置を踏まれたとて、起動不全率低くなりそうです。

但し注意点はあります。
1つ目は、蝶番罠に比べて雨や泥に弱い
 ※あくまでも比較してということです。
  実際2月22日~3月14日迄使用しましたが、得に問題はありません。

2つ目は、桐とかの薄い木材や、柔らかい物を使うと壊れる
 この画像を見てもらいたいのですが、ネジ止めした部分が壊れています

こうならない為には、
やや厚みのある板材使った方が良いでしょう。

あ!!!
この罠を仕掛けるとき裏表に注意して下さい。
裏面(横張りしていない方)に向けて設置すると絶対起動しません。

以上で、
山をBLACK
の作り方の説明は終わり。

因みに上とは関係ないけど、
開発シーン。

ガムテープverです。

そしてこっちが、
小型蝶番を2個使ったタイプです。

正直、蝶番1個の奴と大差は無い様な気もします。

あ~~~~~~~ 解説疲れた。

いやぁ、長いとシンドイね。

次回の更新は、
3月3日を予定しています。

ではノシノシ

 

【現行で一番新しいくくり罠の記事】

【くくり罠】2017年末にも関わらず、くくり罠のことを考えてた@AUS【アルミ板加工】

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ガノンノ より:

    初めまして、こんにちは。
    これはすごいアイデアですね!
    わな造君とほぼ同じ仕組みのようですが、関節が多いコチラの方が罠起動トリガーの多さで優っているように思います。

    板材同士の設置面を真っ平らに仕上げないと密着性が下がり、ぐにゃぐにゃしてしまいそうで加工が少し難しそうですね。
    (ぐにゃぐにゃだと押しバネの張力で空弾きしたり、小動物の体重で起動できなくなりそう)

    今の猟期はもうすぐ終わりますが、さっそく私も作ってみたいと思います!

    1. ガノンノ より:

      そういえば…
      塩ビパイプを縦割りしてワイヤーガイドにしていらっしゃいますが、
      ダブルクリップで板材を挟んだら、クリップの背の部分がガイドになったりしませんかね?

      もしくはパワーテープの貼り方が難しくなりそうですが、
      板材の縁を棒ヤスリで削ったらワイヤーガイドになりそうな気もします。

      このアイデアでうまく行けば、もっと安く・簡単に作れそうですね!
      特にダブルクリップは黒いので、BLACK感マシマシになりそうです。
      私の方で試作してみます。

    2. 奈良ハンティング.net 山を より:

      コメントありがとうございます。

      >>わな造君とほぼ同じ仕組みのようですが、

      わな造君を存じ上げなかったので、ちょいと検索してみました。

      中々興味深い罠ですね。今度機会があれば購入を検討してみたいと思います。

      ただ、この罠はわな造君よりも、オリモの41型と同じような仕組みなんですよね。

      ‘何処を踏んでも罠が発動する様にしたい’がコンセプトプランですし。

      勿論こちらの材質は木で、アチラはラバー材みたいなものですけどね。

      それに、市販品の方が丈夫かつ安全に作られていますし。

      踏み上げ式(30・41・42) | オリモ製作販売株式会社
      http://www.orimo-trap.com/30

      わな造君 http://www.wanazo.jp/

      >>板材同士の設置面を真っ平らに仕上げないと密着性が下がり、

      そうですね、水平に仕上げないとワイヤーが引っ掛けられなかったり、

      少しの衝撃でも輪が締まるようになります。

      >>ダブルクリップで板材を挟んだら、クリップの背の部分がガイドになったりしませんかね?

      多分、ワイヤーの締まる強さに勝てないような気もします。

      またクリップの金属の部分が邪魔になる気もしますよー。

      >>板材の縁を棒ヤスリで削ったらワイヤーガイドになりそうな気もします。

      いや~、アール(角)が鋭すぎると、ワイヤー引っかかって逆に閉まらなくなると思いますよ。

      それなら’コ’の字に溝を掘らないで、’L’の字に溝を付ける方法が賢い気もします。

      後、他の猟師の方がコメントでアイディアをくれましたが、

      ‘角のアールがキツすぎてワイヤーがすぐに痛むので、私は曲げわっぱのような楕円形に作りますよ’
       【くくり罠】2017年末にも関わらず、くくり罠のことを考えてた@AUS【アルミ板加工】のコメント(From:狸親父さん)

      踏み板部分を楕円形にできるなら、板に直接彫り込みを入れても輪が締まるような気がします。
       ※溝を深く彫りすぎると結果閉まらなくなると思いますが。

      最後になりましたが、御豊猟をお祈り申し上げます。

       ※罠の試作レポート楽しみにしています。

      1. ガノンノ より:

        こんにちは、お返事ありがとうございました。
        今年の猟果を0でフィニッシュしたので早速くくり罠を試作してみました!
        私のツイッターでレポートしていますので下記のアドレスをご覧くださいませ。
        https://twitter.com/ganonno_diet/status/965110655480078336
        https://twitter.com/ganonno_diet/status/965118616264884224

        結論を言うと、ダブルクリップも側面の溝切りもないまま罠は成立しました。
        ただ、ワイヤーガイドの塩ビパイプもありませんので、くくり高さが低い(3~5cm)のが欠点です。
        これについては、板材の数を増やして横方向に長くしていけば、くくり高さも高くなっていくと考えています。
        その分、長い押しバネとワイヤーが必要になり、罠の材料費も高くなっていきますが…

        また、狸親父さんのコメントの通り、ワイヤーが痛みやすいままです。
        起動トリガーの大きさとトレードオフ、ということで私は諦めています。

        それと、ちょっと動作が重い気がするんですよね…
        私の当面の狙いはタヌキ・アライグマなので、できるだけ軽い力で起動してほしいのですよ。
        罠の裏面をツルツルにすれば、もっと軽く動作するかなって考えています。
        もしくは、罠の設置面にツルツルの棒を置いて、その上を橋渡しするように罠を設置したらどうかな…と。

        なんにせよ、こちらのページと巡り合えたことに深く感謝しています、ありがとうございました。

コメントを残す

*

CAPTCHA