【朗報】 新!! 弁当箱型 くくり罠 の作り方【完全版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

欠点を修正し、改良に改良を重ねた最新式罠は、
【超絶必見!?】 60分でくくり罠を作ろう 山を式くくり罠 The Final Edition!?
に掲載してあります。(2017.2.10加筆修正)

毎度!

するする詐欺師 山をです。

 

イエ~~~イ!! 散々引っ張ってきた、

弁当箱型くくり罠がついに完成!!!

 

<スポンサーリンク>

 

 

随所に課題はあるけど、
安定してきたので作り方の手順をアップしておきます。

個人的には塩ビ縦式罠より格段に扱いやすいです。

 

この罠のメリットは、

設置が簡単

嵩張らない

手軽に作れる

設置場所を選ばない事です。

 

デメリットは、

動作が不安定で、金具が吐出しているので位置がばれやすく、
安全性に難があることです。(2017.2.10加筆修正)

 

<スポンサーリンク>

 

では、

いよいよお待ちかねの作り方です。

 


【材料】

・100均で購入した、プラスチックのケース

 ※作りたい物の大きさに合わせてカスタマイズして下さい。

 

 

・木の板

 ※合板とかの安い物で良いです

 

 

・呼び径13の塩ビパイプ

 ※作りたいだけの長さ

 

・ネジ(木ねじは板の厚みにより変動)

 ※ステンサラ小ネジM3×10 4本

 ※木ねじ3.1M×16 8本

 

 

・金具

 ※T型の留め具を使っています。



【流れ】

1.木の板(ラワン合板)をケースの幅に合わせてカットします。

 

 

2.塩ビパイプを適切な長さに切ります。

 ※木の板からはみ出るような長さが必要です。

 

 

3.切り取った塩ビを、真っ二つにします。

 

4.塩ビに印を付け、熱湯の中に入れて(20秒ぐらい?)柔らかくします。

 ※バーナー等で炙ると塩ビが焦げてしまいますが、熱湯だと燃えたり煙が出ません。

  ・塩ビが熱くなるので、軍手とかがあった方がいいかも。

 ※塩ビは大体80度位で熱すれば変形します。

 

5.柔らかくなった塩ビを平らに開き、外側に曲げます。

 ※塩ビ加工は自己責任でお願いします。

 

7.曲げた塩ビは水で冷やして固めます。

 

8.金具を土台に取り付けます。

 

9.塩ビの端に穴を開けて、ネジを金具に固定します。

 

10.スムーズな動作ができれば完成です。

 

※塩ビの金具側の角が、
 ワイヤーと接触して正しく締まらないことがあります。

  塩ビの高さや長さや角度等は、各調整して下さい。

角度を付けずに真っ平らにすると、
  速攻でワイヤーが締まります。怪我に注意。

※自作罠は耐久性に劣っており、故障等で思わぬ怪我をすることがあります。

 

作成及び取り扱いの際には十分注意して下さい。

何かしらの損害が出ても負わないので、

完全に自己責任で行って下さい。

 

だいぶ前に作った塩ビ筒型の罠のに比べ、作成時間も短いです。

もっと動作が安定すれば強力な罠になるはずです。

とりあえず罠の開発はこれくらいにしておいて、狩りの方に注力します。

狩猟日誌の方もヨロシクお願いします。

1日が短すぎるんだなぁ

山を

—–

ちょっとまったぁああああああ

山で実際に罠発動させてみたけど、何かがおかしい。

塩ビ土台か、くくりワイヤー(くくり金具)に問題がある!!

原因究明中だからしばし待たれよ!!

2017.2.03追記

え~ 色々ありました。
下記のリンクに飛んで貰えれば何が起きたか分ります。
狩猟日誌第28輪 警告!! 大大大惨事世界大戦 勃発!?

 
 
 

<スポンサーリンク>

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA