【2018年】オーストラリアで英語留学 エージェント要らずの学校探し!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

勉強は贅沢なんだから-林修(1965.9.2~)

いや~ ホントに勉強なんて贅沢なものだよ。

特に海外留学なんて贅沢過ぎほっぺが落ちるわ。

ほっぺ、、フジ○、、、うっっ頭が…

 

全然関係ないけど

南極で、

ガチムチのペ○ちゃん頭をもぎ取って

風呂で頭を被っている写真を見たことがあったな。

テレビの達人(初代): 不二家不祥事、最大の被害者は?
http://boga-anchor.seesaa.net/article/31891221.html

まぁ、

そんなどこでも役に立たない話がしたいわけじゃなく。

 

今回は海外(Australia)で、

留学エージェントを使わずに、

語学学校に通う方法を紹介します。

 

<スポンサーリンク>

 

どうすれば語学学校に行けるの?

学校を探そう!!

…でも、どうやって?

普通の場合だと、

日本にいる時にエージェントを通して

語学学校と宿泊先を決めることが多いと思います。

まぁ、別にそれでも良いんですけどね。

 

ただ、1から100まで人にやってもらうのって、

正直どうなの?

それで面白い??

実際に生で見て学校決めたくない?

と思った人向けに、

ちょっと変わった方法を教えます。

あぁ、ただ、

学生ビザで来てる人はちょいと事情が異なるみたいなので、

注意が必要だね。
 ※学生ビザ取る時にすでに学校をおさえとなかないといけないらしいね。

 

1.語学学校を探そう

学校を探そう!!

…でも、どうやって?

方法は色々あるとおもいますが、

自分がやったのは、

次ぎの様な流れです。

webで学校の一覧を出す

各学校の特色料金所在地調べる

実際に訪れる

現地で契約して学校に通う

 

<スポンサーリンク>

 

【学校を調べる】

ブリスベンを例にすると、

google検索で、”ブリスベン 語学学校“で検索すると

こんな感じで、簡単に学校情報が出てきます。

地区の語学学校
https://www.wavenetwork.com.au/school/schools_area.html?city=%E3%83%96%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%99%E3%83%B3

但し、webの情報、

特に個人がやっているサイトは、

情報が更新されていなかったり、

内容が異なっていたりするので注意が必要です。

例えば、入学金・出迎え費用なんかが高くなってたりなんて事は普通にありますよ。

 ※上のURLとは関係がないので勘違いしないように。

 

尚、分かり切ってる話ですが、

Webに乗ってる記事なんて

ほぼ良いことしか書いてないからね。
 ※フレンドリーな学校です(一部の学生間の間だけね(ゝω・)v)。
                  みたいな事は普通にありえる。

 ※午後から追加で授業受けれます!! 但し人集まらないから毎回休講なの。
                            みたいなね….

実際に目で見てみないことには何とも言えないね。

なのでホームページとか紹介記事は正直参考程度ですね。

因みに、

Googlemapで”語学学校“と検索するだけで、

20校近くの一覧が出てきます。

こういったMAP検索から、

特色・料金・所在地を調べることも可能です。

 

Googlemapを使って駅からの距離とか、

学校の所在地を調べている人に、

一つ耳寄りなことをお教えします。

それは”ストリートビュー“です。

案外皆、”平面地図“だけ見て

「13分か~ 近いね~」とか言いますけど、

それ、すごく勿体ないです。

折角そこまで見ているのならば、

一歩進んで街並みも調べてみましょう

バス停の位置・アップダウン・周辺施設”

これも事前情報として知っていたら、

学校を考慮するときの要因になりえます。

 

2.学校から資料と説明を貰おう

で、粗方気になる学校がリストアップできたら、

次はいよいよ押しかけます!!

….ん? え? 押しかけ??

そう! 直接学校に出向いて資料を貰いに行きます

 

まぁ、一般的なルートとしては、

日本にいながらWEBサイトで学校選んで、

留学エージェント使って入学手続き進めて、

現地に飛んだら既に宿泊施設と授業の用意が整ってる。

ってのが一般的ですわな。

 

でも、こちとら風来坊の旅鴉

自由さと機動力武器です。

ですので、

日本で学校を決めず現地(海外)に行って

調べた情報を基に、直接学校に行って話を聞きます

 

【学校を見極める】

…で学校に行ってどうするの?

その答えは簡単。

語学学校受付で、学校の比較検討している事を伝える。

資料貰う

事前の調べで出てきた質問事項&資料から湧いた疑問を問う。

可能であれば建物・授業風景見せてもらう

宿に帰って最終検討

納得したら申し込みをする。

ザックリとするとこんな感じ。

 

<スポンサーリンク>

 

【いくつか注意点】

1つ目:営業時間

通常の語学学校土日が休みです。

尚、州によっては国民の祝日があるので要注意です。

そして、こちらの人は仕事が終わったマッハで帰ります

仕事時間は仕事。

それが終わればプライベート。

実にハッキリしています。

 

2つ目:アポイントは必要か?

アポイントを取れるなら取った方がいい

実際に訪ねてみると、

学校案内できる人休みを取っていることもあります。

そうなると出直しなんてことにも成りかねません。

…私?ハハ、私は直で行きましたけどね。

 

3つ目:言葉の壁

受付窓口説明するのは結構骨が折れます

日本語対応できるスタッフが居るなら有難いですが、

残念ながらそう多くはありません。

語学学校らしく英語で説明して、英語で回答をもらいます。

従って、基礎的な英会話力が無い人だとかなり厳しいものがあります。

ただ、この段階で舐めたような態度をとってくるようなところは、、、

言わなくても分かりますよね?

 

4つ目:体験授業・設備見学

正直、設備見学を断る学校そうないと思います。

確かに授業の邪魔になったりもするので、

微妙なところではありますがね。

ただまぁ、

見学も断るようなレベルの所だと辞めといた方がいいかもしれないね。

人間都合の悪いものは隠そうとする傾向にありますからね。
 ※トイレやカフェテリアが汚いところは、学生の質も悪い気がします。

後、授業体験が理想だけど、

ほぼこれはやってるところが無いような気がします。

逆に授業を体験させてくれるようなところは、

それだけしっかりしている裏付けでもありますよね。

 

5つ目:割引キャンペーンが効かない?

実は、個人で行く場合だと割引キャンペーンが効かない事もあるかもしれません。

と申しますのも、

一部の学校では、エージェントと組んで独自の割引を展開しているところもあります。

 

6つ目:留学エージェントの功罪

留学エージェント…結構怪しいので嫌いです。

だって知り合いがホームステイ先でレイ

いや何でもない。

俺だってリアルな出来事でも、

最近書いていいことと悪いことの分別くらいはつくようになったよ。

最近?….

まぁ、その話は置いといて。。。

 

いやぁね、

無料だとうたっておいて、追加料金が発生したり。

日本にしかエージェントのオフィスが無くて現地情報に疎かったりとか。

学校だけの情報しか持っていなかったり。

やっばい宿泊施設を紹介してきたり、

あんまり、というか、そんなにいい話は聞かないね。

まぁ、だって、

エージェントからしたらTHE他人事!!だもん。

何かトラブっても助けてくれるかどうかの確証なんて無いし。

お金以上の働き、いや、お金以下の働きしか期待しない方がいいかもしれないね。

 

・・・だったら、

テメェで全部やって失敗する方が、辛いけどいい経験になる。

あぁ、別に誤解しないで欲しいけど、

使うなって言ってる訳じゃないからね。

ちゃんとしたところも存在するし、

それなりに機能してる仲介会社だってあるからね。

 

7つ目:宿泊先と学校

学校決まって無い時は、

シェアハウス取り難いですよね。

そんな時は学校が本格的に決まるまで

バッパーに滞在して、

そこから通うのもありだと思います。

【2018年】オーストラリアのバッパー・ゲストハウスに泊まろう!?

 

8つ目:返金してもらえない。

一度振り込んだ授業料は返金してもらえないことが多いです。

例えば、向こう一年分授業料納めて、

途中で行かなくなっても返金もらえなかったり。

あの制度謎だよなあ、、、、。

 

<スポンサーリンク>

 

3.学校を比較する

まぁ、学校見学して、

貰った書類を読み込んでいる段階で

ほぼ9割方学校が決まっていると思います。

 

なので、

コチラでは特に言及することはありません

ぶっちゃけ、どの学校が比較してよ良いなんて一概に言えませんから。

他人にとっては最悪の学校でも、

自分にとっては最良の学校であったりしますからね。

ただ、学校を比較するに当たってちょいとアドバイスをば。

 

1.格安の学校は案外高くつく

値段の安さをアピールする学校は注意が必要です。

確かに、授業料基本料金が安くても、

教材費滞在費入学手数料などが高い場合があります

そう!!  結果的に高くなるパターンです。

そして、料金が安いということは、

先生たちの給料も安いということ。

安かろう悪かろうを体験することになるかもしれませんよ…。

 

2.人数が多くても、少なくても一緒

少人数制の授業だから、発言もできるし、友達も作りやすい!

一理あるけど一理ない!!

人数が多くても、

特定の仲良しグループで固まるから多くても少なくても一緒!!

人数が少ないと、

日本人の纏まり意識から鬱陶しい人間づきあいに発展することも。

授業中の発言は、

やるやつはやるけど、やらないやつは一切発言しない

それは自分の意識次第!!

 

3.語学学校…本当に必要??

語学学校を探す記事で、

こんなことを話すと全部台無しになっちゃうけど、

語学学校いらなくね?

いや、正直セブとオーストラリア両方留学してみたけど

ぶっちゃけ学校いらねーっす。

むしろ学校通う金あるなら

・オンライン英会話

・文法書

・単語集

・リスニング系教材

を普通に買った方が良いよね。

自分で勉強する方が自分のぺースで学べるし、

自分に合わせた勉強ができる

あぁ、でもあれだぜ?

聞き流すだの良くわからんCDとか、

解説しているようで解説できてない文法解説本なんて、

ケツ拭くくらいの役にしか立たないわな。

ただ若干の弁護をしておくと、

まぁ学校は好き好きと向き不向きがあるので一概には言えないけどさ。

 ※学校に行かないと英語が上手くならないと思っているなら、そいつは一生何もできんよ。
  本当にやる奴どんな環境に置かれても努力するから。

路上で勉強するフィリピン少年、ネットで反響 寄付相次ぐ:AFPBB News http://www.afpbb.com/articles/-/3054182

 

<スポンサーリンク>

 

4.裏話

さてさて、

一つ正直な話をしよう。。。

実は、今までの話は、全部、、、

前フリ!!

 

・・・・えええ!!

ってなりました?

うん、ゴメン。

 

今までの全部、この話の為のものでしかなかった。

そう! その話とは、、、

ゴーストスクールの存在

 

以前

韓国人の同居人からすこ~しだけ概要を聞いたことがあるんだけど、

このゴーストスクールヤバイね!!

何がやばいかというと、

授業料を納めるだけで出席しなくていい

いや正確に言うと、

1週間に1度とか、3か月に1度出席して、

超簡単な課題を終わらせる。

そうすれば毎日出席していたことになるという。

某幽霊学校だとメールで課題が送られてくるので、

それを仕上げて送るだけの所もあるらしいよ。

つまり、学校に行かずに課題を仕上げるだけ出席日数が取れる

夢のようなというか、魔法のようなというか、、そんな仕組みがあるわけです。

あ、もちろんこれ違法ですけどね。

ただ、かなりの受講者がいるのと監査がザルいのが合わさって

結構繁盛しているらしい。

 

そりゃぁ、学生ビザワーホリと同じようなことができるなら皆全然やるわな。

ゴーストスクール

キャッシュジョブ(違法非課税+労働日数規制回避)

が揃うと荒稼ぎできまくるよね。

シティジョブの場合だとしても、

7日×4週×15時間×18$=7560ドル。

レート86としても、、、1か月65万円。。。。

まぁ、ファームだともっと高いから1か月100万円も、、、。

うん。

見なかったことにしておこう。

 

まぁ、ゴーストの見つけ方は詳しくは知らないけど、

農場で働いているアジア系の奴らに尋ねれば、

尻尾くらいは見えてくるかもしれないねぇ。。。

あぁ、重ねて言うけど。

これ違法だからな!!

みんなキチンとした所行こうね!

 

とまぁ、最後にちゃぶ台ひっくり返したけど、こんな感じで終わり。

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA