【2018年】オーストラリアのバッパー・ゲストハウスに泊まろう!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はい。

先に断わっておくけど、

今回すんごい話が飛びます飛びます
 ※これが分かる世代は多分こんなブログ見てないだろうなぁ…。

そうだ! バッパー泊まろう

という分けで、

格安宿

ゲストハウス(guesthouse)

バックパッカーズホステル(backpackers hostel)こと、

バッパーの泊まり方を説明します。
 ※海外初心者の為の記事です、よくやる人は読まなくて大丈夫です。

ホントは、シェアハウス探しの前にやる予定だったんだけどね…。

 

<スポンサーリンク>

そうだ! バッパーに泊まろう

1.バッパーとホテルの違い。

一般的なホテル何が違うのか?

正直、、、

俺もよく分かんないww

ホステル協会に入ってて~ なんて言われても興味ないでしょ?

なもんで、

ざっくりと大きなシステム上の違いを説明していきます。

 

違い①:ホテルと違い、相部屋(ドミトリー:dormitory)がある。

大体普通のバッパーだと、ドミトリー(相部屋)がかなりの割合を占めます。

大体1部屋4~12人

大きいところだと20人以上1室に泊まることも。

2段ベットでカーテンによる間仕切り。

男女混合・女性/男性のみの部屋もあったりします。

部屋の作りは、各部屋によって異なることもあります。

同じ部屋の住人(ルームメイト)と仲良くなることもあります。

 

違い②:シャワー・トイレが共有(別途料金が必要なことも)

普通のホテルだと1部屋ごとにトイレとバスが設置されていると思いますが、

バックパッカーズホステル(バッパー)の場合は異なります。

そう。

基本的にバスルームシャワー共有になります。

従って、誰かが使っていると使えないこともチョクチョクあります。

 

違い③:キッチン(自炊設備)・共有の冷蔵庫(食材保管庫)・共有リビングがある。

大抵のバッパーでは、自分でご飯を作れる様に

共同で使えるキッチンがあります。

食器・調理器具は基本無料で貸し出ししてくれます。

後、自分の買ってきた食材を保存するために、

キッチンに大きな冷蔵庫が備え付けられていたりします。
 ※名前を書かないといけなかったり、置けるスペースが限られていたりします。

偶に食材泥棒が発生するので注意しましょう。

 

違い④:働けば宿泊費がタダに?

バッパーによっては、

掃除・受付業務を手伝えば宿泊費無料にしている所もあります。

ヘルプやヘルパーと呼ばれます。

さっきまで受付で応対していた奴が、

隣でコーラ片手にタバコ吸ってるなんて事もあります。

<スポンサーリンク>

2.バッパーを探そう。

バッパーと言っても様々で、

格安でもなく、ドミトリーでもないところは多くあります。

普通のホテルだけどゲストハウス名乗ってるところもあるので、

結構いい加減なもんです。

まぁ別に相部屋にこだわる必要もないけど、

いかんせんお値段が安い(安全性は落ちるけど)ので、

相部屋メインの探し方を解説していきます。

あぁ、で!!

先に言及しておくけど、

どのサイトも似たようなつくりになってるから、

操作方法方は多々かぶるよ!!

そこんとこよろしく。
 ※決して手抜きとかじゃないよ。

 

・ウエブサイトから探そう。

Booking.com

 国内・海外ホテルの予約はBooking.com
 https://www.booking.com

言わずと知れた、超大手の宿泊先検索サイト。

宿泊回数に応じた割引サービスもあるっぽいね。

使い方は簡単

トップページで、

行き先・チックイン/アウト日・人数“を設定し、

検索結果一覧“で、

料金“ボタンを押してソートすると”安い順“に表示されます。

気に入った物件があれば、クリックして”詳細確認“をします。

この時、”宿泊者の体験談“や、”部屋の情報“や、”設備・規則“も確認できます。

納得したら、”ベット数を設定“し、”予約画面“に移ります。

後は表示される項目に従って、”個人情報を記入“していきます。

支払が完了“が完了すると”バウチャーが発行されるので、

スクリーンショット“か、”pdf“をダウンロードしておきましょう。

支払“は”事前と事後“の2通りがありますが、特に気にしなくてもいいかな?

因みに、宿のレセプションで別途キーorパスポートの”デポジット“が要求される場合があります。

より細やかに調べたい場合は、

左サイドバー“で詳細条件を設定すれば、

検索結果を絞り込む“こともできます。

知っておくべき小技としては、

宿の”ダブルチェック“があります。

通常だと、予約サイトの”口コミ“だけどを見て宿を取りますが、

案外サイトAとサイトBで評価が分かれていることがあります。

そんな時は、”トリップアドバイザーの口コミ“を参考にしましょう。

トリップアドバイザー: 口コミを参考に、料金を比較して予約
https://www.tripadvisor.jp/

調べ方は簡単で、

トップページにある”検索窓“に宿の名前を入れて検索すると、

探している宿が出てきますので、”クリック“して物件詳細を見ましょう。

下の方に”口コミ“があるので、それを参考にしてみましょう。

これをやると、その宿の善し悪しが分かります。

例えばAのサイトでは高評価なのに、

Bのサイトでは”刑務所みたい“と評価されていたりします。

 

Agoda

アゴダR公式サイト | ホテル・宿をお得に予約。料金最大80%OFF!
https://www.agoda.com/ja-jp/

ここも超大手の宿検索サイト

ただ台湾での事件をきっかけに使わなくなったけどね、、、
 ※あくまで噂ですが、結構金関係のトラブルになった話を聞くんだよねぇ。。。

後ねぇ、割引のお得感感を前面に出しているけど、

なんか異常な割引率過ぎて胡散臭くなる時が多々あるよね。

でも、Agoda辺境の地とか、

弱小バッパーとかには強いイメージがあるかなぁ。

あぁ、ここはほぼ毎回前払いでカード引き落としされてる。

はい、じゃぁ使い方の紹介。

 

使い方は簡単

トップページで、

行き先・チックイン/アウト日・人数“を設定し、

検索結果一覧“で、

料金“ボタンを押してソートすると”安い順“に表示されます。

気に入った物件があれば、クリックして”詳細確認“をします。

この時、”宿泊者の体験談“や、”部屋の情報“や、”設備・規則“も確認できます。

納得したら、”ベット数を設定“し、”今すぐ予約する“に移ります。

後は表示される項目に従って、”個人情報を記入“していきます

支払が完了“が完了すると”バウチャーが発行“されるので、

スクリーンショット“か、”pdf“をダウンロードしておきましょう。

より細やかに調べたい場合は、

左サイドバー“で詳細条件を設定すれば、

検索結果を絞り込む“こともできます。

 

Expedia

国内・海外ホテル予約・航空券・ツアー | エクスペディア (Expedia)
https://www.expedia.co.jp/

Expediaは、宿単体で取ると高いイメージ

宿のサイトというよりは、本業である航空チケットの手配が強い方だね。

だから航空券とホテルを抱き合わせで決めるなら良いかもしれないね。

あぁ、ここのサイトは値段が円表記なのも特徴かもしれない。

では、使い方。

 

使い方は簡単

トップページで、

行き先・チックイン/アウト日・人数“を設定し、

検索結果一覧“で、

料金“ボタンを押してソートすると”安い順“に表示されます。

気に入った物件があれば、クリックして”詳細確認“をします。

この時、”宿泊者の体験談“や、”部屋の情報“や、”設備・規則“も確認できます。

納得したら、”予約する“に移ります。

物件によっては、支払いを”or到着後“にすることができます。

後は表示される項目に従って、”個人情報を記入“していきます。

支払が完了“が完了すると”予約確認メール“が送付されるので、

予約ページの”スクリーンショット“を取得しておきましょう。
 ※厳密には、旅程確認表・Eチケット・バウチャーは異なりますが便宜上纏めています。

より細やかに調べたい場合は、

左サイドバー“で詳細条件を設定すれば、

検索結果を絞り込む“こともできます。

 

<スポンサーリンク>

スカイゲート

海外格安航空券・国内格安航空券のDeNAトラベル(スカイゲート)- 海外旅行・国内旅行の予約サイト
http://www.skygate.co.jp/

まぁ、別に紹介しなくてもいいけど、

昔のよしみ&日系のサイトということで特別に紹介します。

正直、物件数はダンチで落ちます

安い系の宿が出てこないことがあったり、

住所と地図が異なっていたり、

 ※KLCCで苦労したのはいい思い出…か?

画像データが壊れていたりすることがあります。

DeNAトラベルの口コミ・評判 | shopre
http://www.shopre.jp/shopre/shop/show/1167

…あんま評判下げる様な事言うと怒られるので、、、

あぁ、そうだ、スカイゲート口コミトリップアドバイザーの奴を使っているので、

あちらの口コミを見ることができます。

後、ホラ、あれだ、DeNA球団ファンなら….

では、使い方。

 

使い方は簡単

トップページで、

海外ホテル“をチェック

行き先・チックイン/アウト日・人数“を設定し、

検索結果一覧“で、

価格の安い順“ボタンを押してソートすると”安い順“に表示されます。

気に入った物件があれば、クリックして”詳細を見る“をします。

この時、”宿泊者の体験談“や、”部屋の情報“や、”設備・規則“も確認できます。

納得したら、”予約へ進む“に移ります。

予約するためには”会員登録(無料)“が必要になります。

登録後は表示される項目に従って、”個人情報を記入“していきます。

支払が完了“が完了すると”確認メール“が送付されるので、

予約管理ページの”スクリーンショット“を取得しておきましょう。

より細やかに調べたい場合は、

左サイドバー“で詳細条件を設定すれば、

検索結果を絞り込む“こともできます。

<スポンサーリンク>

・その他の方法

ビジターセンター/インフォメーションセンター(観光センター)

行くところにもよりますが、

その町の観光センター(インフォメーションセンター)

バッパー・安宿の情報を持ってたりします。

但し、宿よりも観光施設の情報がメインなのであんまり高望みしないように。

 

・ガイドブック

地球の歩き方や、ロンリープラネット

に掲載されている宿に当たるのもアリです。

ただ、情報が古かったり、誤っていたりするので気をつけましょう。

・個別のサイト

AgodaとかBooking.comに頼らず、

ひっそりと口コミ自社サイトで運営している宿もあります。

オンライン検索では出てきずらいかもしれませんが、

もし見つけることができれば、

優良な宿泊先を確保できるかもしれません。

…違法運営で表に出せないってこともあったりしまs、、、

<スポンサーリンク>

3.バッパーの特徴?

洗濯機&乾燥器

まぁ、別にバッパーに限ったことでは無いかもしれないけど、

大抵のバッパーは洗濯機と乾燥器が備え付けられています。

価格はマチマチですが、割高に感じることが多いです。

4:4で8$かかるとか…

 

WIFIが有料

格安系のバッパーだと、1日当たり数ドルでwifiを使えるようになります。

が、、、回線速度が遅くあんまり役に立たないことも…。

 

基本五月蠅い

バッパーは様々な人種が来ますが、

総じて騒がしくパーティ好きな人が多い気がします。

深夜1時でも音楽ガンガンなんてこともあります。

早朝も他人のアラームで眼をさましたりね。

あとはイビキと歯ぎしりもすごい…

 

施設がボロイ

しっかりとしたアコモデーションも勿論存在ます。

ただ、昔から安かろう悪かろうといいますので、

施設もサービスも値段相応な所が多いですね。

 

シャワーコインが必要

今まで行ったバッパーでは、

ほぼお目にかかったことはありませんが、

シャワーを浴びるのにシャワートークンが必要な施設もあるそうです。

<スポンサーリンク>

4.バッパーの良いところ

なんか疲れのせいか、

記事内容が全体的にグチグチになってきたので、

逆に良いところを紹介。

 

仲良くなれる

ホテル的な個室ではなく、

ドミトリーに泊まると、

自然とルームメイトと仲良くなります。

 

色々な人と触れ合える

ダイニングに行けば誰かしらが居たりするので、

話しかける相手に困ったりはしませんね。

後、ホテルと違って個人個人でトリップしてる人が多い印象です。

団体だと中々絡みずらいから助かるね。

 

報交換ができる

バッパーだと、パッケージ旅行者等と違って旅好きな人や、

剛の者が居たりするので、

様々な情報をゲットすることができます。

例えば、○○のバッパーが良かったとか、

××地区で財布パクられたとか、飛行機にwifi付いてたとか。

 

旅費を節約できる

値段が普通のホテルと比べたら、

1/21/5になることもザラ。

ただ、安い反面…

とまぁ、不便な点もあるけど、

面白いことも多いので是非一度バッパーに泊まってみてはどうでしょうか?

別に海外で泊らなくても、

日本の観光地にも結構あります。

色々な出会いがあって案外悪くないものですぞ。

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA